【2/13】健康料理講座『代謝UPを目指す 朝食の食べ方の工夫』紹介

皆さん、こんにちは
健康げんき倶楽部です。

2月のお昼休み講座は、「朝食」をテーマに
食べることで得られる効果や、食べ方の工夫についてお話しました。

朝食を食べることは、代謝をアップさせることにもつながり、
エネルギー補給や、体温を上げる効果、生活リズムを整える効果、
便秘予防にも効果が期待できます。
太りにくい身体をつくる為にも、朝食をとることは大切です。

今回のメニューは、
☆おにぎらず(照り焼きれんこんバーグ入り)
☆柚子こしょうドレッシングサラダ
☆豆乳misoスープ
☆オレンジ
 (エネルギー:567kcal 塩分:2.5g)

<↑当日の写真です>
おにぎらずは、れんこんバーグとレタスを挟み、食べ応えが十分になるように工夫しました。
また、卵や魚、チーズ、野菜など、お好きな具材を挟んで食べることができるおにぎらずは、
これ一つで栄養バランスが整いやすくなります。

H28国民健康栄養調査によりますと、
男女ともに、20歳代の方の朝食の欠食が最も多いです。
今、食べていない方は、まずは食べることから始めてみませんか。

健康げんき倶楽部では、3~5月のお昼休み講座のご案内もしております。
ご興味のある方は、こちらをご覧ください。

2019年02月21日 更新

先頭へ戻る