第14回 市民健康講座を行いました。

平成31年2月23日(土)に新潟日報メディアシップ2階日報ホールにて、「がんの早期発見と最先端治療」をテーマに、第14回市民健康講座を行いました。

当日は天候に恵まれ、多くの方々にご来場いただきました。



希望者の方々には、開演前に肺年齢測定を行いました。



今回は「がんの早期発見と最先端治療」をテーマに、県立がんセンター新潟病院の院長佐藤先生と臨床部長の成澤先生からご講演をいただきました。
佐藤院長からは「乳がんをめぐる最近の話題」について、成澤臨床部長からは「胃内視鏡検診における新潟の貢献と将来展望」について、詳しくお話ししていただきました。



この市民健康講座も14年目を迎えることができました。
講師の方々の貴重なお話に、参加された皆様は熱心に耳を傾けており、毎年、次回もより良い講座を開催できるようにと職員一同励みにしております。
今回の講座が、皆様の健康増進の一助になれば幸いです。

来場いただきました皆様に心より感謝申し上げます。
また来春も市民健康講座を実施いたしますので、ぜひお越しください。
皆様のご来場をお待ちしております。

2019年03月01日 更新

先頭へ戻る