メールマガジン

バックナンバー

新潟密着・健康情報マガジン 第25号(2016年11月10日)

みなさま、こんにちは。
メールマガジンもついに3年目を迎えました。気付けばもう25号です。
今後も職員一同、健康面や生活面に役立つ情報を配信したいと思いますので、
お知り合いやご家族などにも新潟県保健衛生センターのメールマガジンを
ご紹介いただきたいと思います。
引き続き、よろしくお願いします。

※注意
 携帯電話で受信される場合、表示が乱れることがあります。

 □■目次■□_________________
【1】インフルエンザ~一人ひとりの「かからない」「うつさない」で流行を防ぐ~
【2】美容と健康にうれしい「さつまいも」
【3】健康げんき倶楽部からのお知らせ
【4】げんきエッセイ
_______________________

【1】インフルエンザ~一人ひとりの「かからない」「うつさない」で流行を防ぐ~

一雨毎に寒くなり、体調を崩す人が見受けられますが、
皆さんは大丈夫でしょうか。
この時期そろそろ気をつけ始めたい感染症といえば、インフルエンザです。
例年11月下旬頃から流行が始まり、12月頃にピークになりますが、
インフルエンザは一般の風邪とは違い、重症化しやすい特徴があります。
特にお年寄りや子どもさん、肺や心臓・腎臓などに病気のある方や、
糖尿病の方は重症化する場合があります。
本人だけでなく周囲の方も含め、
一人ひとりが「かからない」「うつさない」ようにすることがとても大切です。

1.「かからない」ために
何といっても普段からの健康管理が大切です。
体を温めて十分な休養とバランスのよい食事を心がけましょう。
また、人込みではマスクをつけ、帰宅後は手を洗い、
流行時は人ごみへの外出はなるべく避けましょう。

2.「うつさない」ために
気をつけていてもかかってしまうことはあります。
急な発熱、頭痛、全身倦怠感、咳、鼻汁等がある時はインフルエンザを疑い、
咳エチケットとこまめな手洗いを心がけましょう。

インフルエンザの予防接種は、感染予防ではなく感染した時の重症化を防ぐことが目的です。
予防接種を受けていても油断は禁物です。
一人ひとりが注意することでインフルエンザの脅威を回避しましょう。
咳エチケットwww.mhlw.go.jp/shingi/2007/12/dl/s1225-7k_0002.pdf
        (厚生労働省のHPより)

 【2】美容と健康にうれしい「さつまいも」

 江戸時代に薩摩国から栽培が広まったとされるさつまいもは、
ほっくりとした甘味があって、おいしいですね。
主成分は炭水化物で、エネルギー源になります。
腸をきれいに掃除する食物繊維が含まれており、
肌に張りやツヤを与え、メラニン色素の沈着を防ぐビタミンC、
細胞の老化を防ぐビタミンEが多く、
美容にうれしい効果がたくさんあります。
さつまいもに含まれるビタミンCは他の野菜と異なり、
調理の際にあまり失われません。 

また、さつまいもの食物繊維は腸で水を吸って膨らむ性質の物も多いため、
満腹感を感じやすく、ダイエット中のおやつにもおすすめです。
しかし、食べ過ぎるとカロリーオーバーの危険がありますので、注意してください。

新潟市西区では「イモジェンヌ」というさつまいもの栽培を行っています。
これは、耕作されずに残っていた畑を利用して、栽培したのがきっかけと言われています。
さつまいもが大好きな女性を思わせる、上品で優雅な風味から名付けられたそうです。
これからの時期に、市場に出回るので、ぜひ手に取ってみてください。

今回のレシピはさつまいもの風味を活かした、さつまいもようかんをご紹介します。

<さつまいもようかん>  4人前
材料:さつまいも-200g   牛乳-150ml   砂糖-大さじ1
粉寒天-2g   甘納豆-20g(おこのみで)
作り方:
1.皮をむき、大きめに切ったさつまいもを加熱する (ゆでる、蒸す、レンジなど)
2.さつまいもに竹串が通るくらいに加熱できたら、熱いうちに潰す
  (さつまいもと牛乳を一緒にミキサーにかけるとさらになめらかに、簡単にできます)
3.鍋に潰したさつまいも、牛乳、砂糖、粉寒天を加え、沸騰するまで加熱する
4.火を止め、甘納豆をいれる
5.型に流し、固まったらできあがり!お好きなサイズに切り分けてください。

お店で買うお菓子はもちろんおいしいのですが、
季節のものを使って自分で作るお菓子を、
家族や友人といただくのも素敵ですよね。

さつまいもの甘味によって砂糖の量を調節してくださいね。

【3】健康げんき倶楽部からのお知らせ

11月の「お昼休みの健康料理講座」は、
かぼちゃなどビタミンたっぷりの食材を使ったメニューをご用意しています。
免疫力をアップさせ、風邪予防にもなります。
定員まであとわずかとなりました。
ご連絡お待ちしております。
http://www.nhsc.or.jp/contents/mediaship/index.html

 【4】げんきエッセイ

先日、妙高高原に行く機会がありました。まだ紅葉を楽しむほどではありませんでしたが、
一部で鮮やかに色付き始めていました。
きっと今頃はきれいな紅葉が観られると思います。
日々の忙しさの中では四季の訪れを忘れがちですが、
たまにはゆっくり自然を感じてみてください。
意外と身近なところで気付くこともあるかもしれません。
M・A