健康づくりのすすめ

メタボリックシンドローム

禁煙外来

糖尿病予防事業

特定保健指導

40~74歳の方は特定健診・特定保健指導を受けましょう

生活習慣病関連の医療費の伸びを抑制するため、国は医療制度改革の一環として医療給付の対象となる可能性の高いメタボリックシンドロームの該当者および予備軍を2015年までに25%削減することを目標として掲げました。
そして、これを実現するため平成20年4月1日から糖尿病、高血圧、脂質異常症など生活習慣病に関する健康診査(特定健診)の実施と、その結果に基づきメタボリックシンドロームの該当者・予備軍と判定された受診者には保健指導(特定保健指導)を実施することを市町村や健康保険組合に義務づけました。

メタボリックシンドロームでなくても

メタボリックシンドロームでなくても、

の方は、糖尿病の心配があります。新潟県保健衛生センターでは、糖尿病サポートシステムを実施し、きめ細かく対応しています。

当センターでは、充実した内容で、こころのこもった保健指導を行なっています。
ぜひご利用ください。

特定保健指導とは?

今までの基本的な健診に加え、メタボリックシンドロームを予防するための検査項目として、40~74歳を対象に腹囲の計測が行われます。
また、その他の検査からメタボリックシンドロームのリスク要因の有無を調べ、リスク要因の程度に応じて階層化された特定保健指導が行われます。
階層化は次の4ステップにより行います。

健診結果から次の項目にあてはまるものをチェックしましょう

□ 1.空腹時血糖値100mg/dl以上、または、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)5.6%以上(NGSP値)、または、薬物治療を受けている
□ 2.中性脂肪値150mg/dl以上、または、HDL(善玉)コレステロール値40mg/dl未満、または、薬物治療を受けている
□ 3.収縮期血圧130mmHg以上、または、拡張期血圧85mmHg以上、または、薬物治療を受けている
□ 4.喫煙経験があり、上記1~3の項目に1つ以上該当する

胸囲・BMIの値 検診結果項目で該当した数
3~4つ 2つ 1つ いずれにも
あてはまらない
男性/腹囲が85cm以上 積極的支援レベル 積極的支援レベル 動機づけ支援レベル 情報提供レベル
女性/腹囲が90cm以上
男性/腹囲が85cm未満
かつBMIが25以上
積極的支援レベル 動機づけ支援レベル 動機づけ支援レベル 情報提供レベル
女性/腹囲が90cm未満
かつBMIが25以上
上記のいずれにも該当しない 情報提供レベル 情報提供レベル 情報提供レベル 情報提供レベル

医師、保健師、管理栄養士などにより、生活習慣病予防の知識やアドバイスを受けて体重の目標や日常生活における行動計画を作成するとともに、必要に応じて栄養指導、運動指導を受けることになります。

情報提供レベル

生活習慣をふり返り、ライフスタイルに合うように設定した目標を実行できるように、私たちスタッフが継続的にお手伝いたします。ぜひこれらのページも参考にしてみてください。

メタボリックシンドロームとは メタボリックシンドロームとは メタボリックシンドロームとは メタボリックシンドロームとは

動機づけ支援レベル

生活習慣をふり返り、ライフスタイルに合うように設定した目標を実行できるように、私たちスタッフがお手伝いいたします。

★プランについては相談可能です。お気軽にご相談ください。(出張相談の場合には、別途費用がかかります)

積極的支援レベル

詳細は「積極的支援レベル」をご覧ください。

先頭へ戻る